みやこの紙コップ販売は圧倒的価格! 紙コップ部門ランキング第1位 全国一律送料660円 3,000円以上ご購入で送料無料 大量注文承ります!ご質問・ご相談はみやこスタッフにお気軽にお電話ください 0120-221-991
  • Miyaco(みやこ) お買い物Day 5、15、25日通常ポイント2倍
  • 特典1 20,000円(税込)以上の ご購入で5%割引 特典2 3,000円(税込)以上の ご購入で送料無料
  • HOT&COLD ホワイト紙コップ
  • テイクアウト・デリバリー特集
  • キャッシュレス決済還元

紙コップ・プラカップ・ペーパータオルなどの日用品を扱う通販miyaco(みやこ)オンラインショップ

コラム

4.紙コップとプラスチックコップ、どちらのほうが環境に優しいイメージですか?

紙コッププラスチックコップ、どちらのほうが環境に優しいイメージですか?

日本では2013年頃から大手スーパーでのレジ袋無料配布の終了、2018年より大手コーヒーチェーンやファーストフード店で、「脱プラスチックストロー」の動きがはじまっています。

この背景にあるのが、マイクロプラスチックによる生態系汚染や、海洋生物の保護に対する消費者の意識の高まりです。

株式会社みやこでは、大手企業の「プラスチックストロー廃止」「ビニール袋廃止(有料化)」を受けて、2019年8月に10代~60代男女100人を対象にアンケートを実施しました。

【調査概要】
期間:2019年8月1日~3日
対象:10代~60代男女(Gunosyリサーチ)
人数:100人
環境にやさしいプラスチックがあることをご存知ですか?

アンケート結果では、「環境問題についてどれくらい意識しているか?」という質問に関して『意識していない』が33%、『意識しているが、行動に移せていない』が40%、『日ごろから意識し、自分でできることから行っている』が27%となり、過半数の人が環境問題を意識しているという結果になっています。

環境にやさしいプラスチックがあることをご存知ですか?

同アンケートでは、「大手企業が「プラスチックストロー」「ビニール袋」を廃止するなど、環境保全のために脱プラスチックが行われているのを知っていますか?」という質問に、86%の人が「知っている」と回答している通り、テレビや新聞等のニュースで大手企業が環境への取り組みを行なっていることや、その理由が大々的に報道された影響も大きかったと思われます。

この環境問題への意識の高まりは世界規模のもので、実はインターネットおよびSNSの利用者の増加と密接に関係があります。

特にプラスチックのストローに関しては、自然や動物たちをメインに取り上げるTV局が2015年に製作した「ウミガメの鼻からゴミとして捨てられたプラスチックストローを引き抜く」という番組の動画が、SNS上で拡散されたことがきっかけと言われているのです。

しかしながら、ストローは海を汚染しているプラスチック製品のごく一部です。

毎年、800万トンものプラスチック製品が海洋ゴミとなっているうち、ストローはたった0.025%と言われています。

そのため、環境対策をうたいながらストロー以外のプラスチック製品は使い続けるという行為に、非難の声をあげる人も存在します。

飲料販売企業においても、プラスチックストロー廃止の動きは始まっていますが、ストローの原材料は容易に変更できても、カップの変更は進めていません。

人々の環境問題への意識を高めることに貢献したSNSは、一方で『インスタ映え』と言われるように、見栄えのする商品写真を消費者自身にネットを通じて拡散させる行為が、マーケティングとして大変有用であると企業担当者には認識されています。

その際に、中身が見えなくなる容器は致命的といえます。

そのため、透明でクリアに中身が見えて、耐久性にも優れたプラスチック容器を、マーケティング戦略上選択している企業も少なくありません。

しかし本アンケートでも『紙コップとプラスチックコップ、どちらのほうが環境に優しいイメージですか?』の回答において、83%の人が「紙」と回答したように、環境への配慮を考えると、プラスチックカップは望ましくないのではないかと多くの消費者は考えているようです。

環境問題に配慮している企業に対してどう思いますか?

紙のコップの方が自然に優しいと考えられるのは、もし自然界にゴミとして投棄された場合でも、主原料である紙の部分はバクテリアや菌類、その他の生物によって分解されて、土に還るからです。

一方でプラスチックは、何十年どころか何世紀にも渡って分解されず、やがて微細なマイクロプラスチックとなり、土壌や海洋に留まり続けます。

このマイクロプラスチックを食べ物と一緒に摂取してしまうと、生物の生体機能や、ひいてはその生物を食物とする人間の健康にも悪影響が出ると言われており、これが問題点の一つとなっています。

この対策として、近年生分解性の高いとうもろこしやじゃがいも、さとうきびなどの植物に含まれるでんぷんを原材料にした、地球環境に優しい植物性プラスチックの開発が進んでいます。
株式会社みやこでも販売している『PLA(ポリ乳酸)カップ』は植物性プラスチックでできています。

石油を原料とするプラスチックと変わらない透明度の高さで、見た目も美しく、入れたものの自然な色を伝えることができます。

ただし、PLA(ポリ乳酸)カップの生分解は、一定の条件が揃った時に発揮されるもので、条件が揃わなければ今までのプラスチックと同じです。

安易な自然環境への投棄は決しておすすめしていません。

環境問題に配慮している企業に対してどう思いますか?

世界的な流れの中で環境配慮した容器が求められる時代となってきました。

用途に応じて適切な製品を選択していくようにしましょう。







  • 無料サンプル請求
  • 無料カタログ請求
  • 新規会員登録で300ポイントプレゼント!
  • メルマガ会員登録で100円OFFクーポンプレゼント!
  • コラム
QRコードを読み取って簡単アクセス

カレンダー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


の日は、メール及び発送業務などはお休みさせて頂きます。
休業日のご注文・お問い合わせメールなどの対応は、翌営業日にさせて頂きます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ